1. 明治大学図書館
  2. 調べ方を学ぶ
  3. 図書館リテラシー入門講座

図書館リテラシー入門講座

質の良いレポートや論文を書くには、下調べが重要になります。
この動画で図書・論文の探し方や資料の入手方法を学び、レポートや論文に役立ててください。

各動画には実習問題が用意されています。
実際に手を動かすことで身に付いていきますので、是非練習してみてください。



1.図書の探し方

OPACを使った図書の探し方を説明しています。
タイトル・キーワードの効果的な使い方を学びましょう。


  • 国際社会と教育について書かれている本を探してください。
  • 一般の図書と、新書・文庫との探し方の違いを確認しましょう。
  • 検索結果が多い場合、所蔵館絞り込み、または、ソートキーを使ってみましょう。
  • OPACで「論文執筆法」をキーワード検索しましょう。
    件名標目をクリックし、新たなキーワードとなる単語を探したり、興味のある本をクリックし、さらに件名標目を確認する。
    ※キーワードを変えながら、欲しい本探し出すための練習です。



2.雑誌・雑誌論文の探し方

論文を検索する方法を紹介しています。
最新の研究や、あるトピックに関する論文を集めるための方法を紹介しています。


1が「雑誌」タイトル、2が「雑誌論文」タイトルです。
動画を見る際に注意してください。

  • 図書館トップページからCiNii Articlesのページを開き、「大学生」「就職活動」を検索しましょう。
  • 「オリンピック」「経済効果」について書かれた論文を探してください。
  • 「CiNiiに本文あり、または連携サービスへのリンクあり」を選択し絞り込んで、本文が読めるものを確認してください。
  • 検索した論文を選び、その論文を掲載している雑誌のタイトル、巻号、出版社、出版年、ページをメモしてください。 検索した雑誌論文が明治大学にあるか、「MEIJI MORE」をクリックして確認してください。
    また、明治に無い場合、他の大学にあるかも確認してみてください。
    他大学にある場合の利用方法については次の動画を観ましょう。



3.図書・雑誌の利用

ポータルサービスの利用、レファレンスサービスについて、明治大学外の図書館を利用する方法を紹介しています。
色々なサービスを利用して、必要な資料を効率的に収集しましょう。


  • ポータルに自分のメールアドレスを登録しましょう。
    取り寄せ/購入希望/返却期限の連絡を受けられます。
    ※ドメイン指定は解除してください。
  • 山手線コンソーシアムOPACへ行き、それぞれの大学で検索してみよう。
    山手線コンソーシアムのページから、開館カレンダーも確認してみてください。



4.データベースの活用

図書、雑誌論文以外にも役立つ資料がたくさんあります。
データベースを利用した情報収集方法を紹介しています。


  • 新聞DBにアクセスし、明治時代の新聞が見られるDBを探してみましょう。
    明治時代の有名な人物について検索し、当時の新聞を確認してみましょう。
  • 新聞DBのなかで、キーワード入力せずに日付指定のみで検索可能なDBはどれでしょうか。
  • 日経テレコンとそれ以外の新聞DBで上場会社名を入力し、検索件数がどれくらい異なるか確認してみましょう。
    ※3ヶ月くらいに絞って検索してみよう。
  • 辞典・辞書実習
    Japan Knowledgeを色々試してみましょう。
    • 何か検索して、本文をコピー、wordに貼り付けとかやる?
    • 詳細(個別)検索メニューから「会社四季報」や「NNA」を選択し、どのような記事を読むことができるか確認しましょう。
  • 法律関連DB実習
    法律DBのD-1Lawにログインし、「少年犯罪」で検索してみましょう。
    「法律判例文献情報」の項目で、雑誌論文のみならず、図書・新聞記事もヒットすることを確認してください。
    文献に新聞記事が出てきた場合は、明治大学が契約している新聞DBか確認、記事の確認してみてください。