1. 明治大学図書館
  2. 調べ方を学ぶ
  3. レファレンス
  4. レファレンスサービスについて

レファレンス・サービスについて

皆さんが資料を利用する上で、わからないとき、困ったとき、その手助けをするのが、レファレンス(参考)カウンターで行なわれるレファレンス・サービスです。

例えば

  • あるテーマの図書や雑誌論文を探したいが、探し方がわからない。
  • 調べたい事柄やテーマがあるが、調べ方がわからない。
  • 参考図書の使い方がわからない。
  • 求めている資料が本学では所蔵していない。

そのほか、図書館や資料の利用上でわからないことがありましたら、係員にお訊ねください。また,レファレンス・カウンターでは次のようなサービスも行っています。お気軽にご利用ください。

所蔵の調査

まずはじめに,本学の資料検索機(明大 Web OPAC)で所蔵を確認してください。OPACはユーザーガイド(操作マニュアル)を備えていますが、操作がわからないときは、係員にお訊ねください。OPACで所蔵が確認できない場合は、係員が他機関のOPAC(NACSIS-Webcat、国立国会図書館、英国図書館など)、外部データベース、CD-ROM、冊子体の目録に拡大して調査を行います。係員が検索ツールや検索法を指示する場合は、自らの学習・研究の一環と自覚し、その指示に従って共に調査を進めてください。

他機関への紹介状の発行

本学に無い資料については、どこの大学・機関で所蔵しているかを調査のうえ、「資料利用依頼書」(紹介状)を発行します。紹介状発行の対象者は、本学在籍中の学生(科目等履修生・聴講生を含む)・ 大学院生・教職員です。発行依頼は、カウンター備付の用紙に、利用者の所属、氏名、連絡先電話番号、利用希望資料名、来館希望日などを記入して申し込んでください。来館予定の図書館へは、原則としてFAXにより実際の所蔵の有無、利用日・時間などの確認をとります。先方の回答を得てから発行するため、紹介状のほとんどは翌日渡しになります。なお、海外の図書館への紹介状も扱っています。

複写物,資料の取寄せ

本学に所蔵していない資料については、国内外の所蔵機関から複写物または資料取寄せの依頼をお受けしています(ILLサービス)。利用を受けられる方は、本学の学生(科目等履修生・聴講生を含む)・大学院生・教職員です。その際次の点にご注意ください。

  • 複写物や資料が届くまでに日数がかかります。(所蔵機関によりますが、国内では、1~2週間程度、海外では1~2月程度を目安としてお考えください)
  • 取寄せに係る料金(複写料金等)や送料(貸借の場合は返送料を含む)は、利用者(依頼者)の負担となります。
  • 貸借で取り寄せた他館の資料は、研究室や自宅に持ち帰れません。図書館内での利用となります。なお、取り寄せ資料は「図書館間協力で借り受けた図書の複製に関するガイドライン」に基づき著作権法の範囲内で複写することが出来ます(ただし、あらかじめ貸出館が禁止している場合、及び国立国会図書館からの取り寄せ資料を除く)。

オンラインでの申し込みについては、「ILL申込」をご覧ください。

文献の調査

学習や研究における文献資料の探索について支援をしています。特定主題に関する適切な文献の提示や文献探索のためのアドバイスのほか、場合により、レフェラル・サービスと呼ばれる特定分野の専門機関等の紹介を行っています。カウンター備付の用紙に、利用者の所属、氏名、連絡先電話番号、調査希望事項などを記入して申し込んでください。なお、特定文献の解読・翻訳やレポート作成の肩代わりに相当することはお断りしています。

ページの上部へ