電子ジャーナル

電子ジャーナルとは、ネットワークを通じて読むことができる学術雑誌で、タイトルによっては目次だけではなく、抄録(要約)や本文(Full text)まで表示することができます。利用可能タイトルは、非常に多数ですので、まずはタイトル等で検索してみてください。

電子ジャーナル・サービスは本学の構成員(学生および教職員)であれば、誰でも利用可能です。はじめて利用される方は、「はじめて利用する方」をご確認ください。

学外から利用する場合は、「SSL-VPNによるVPN接続サービス」をご利用ください。

ジャーナル1冊分全てにわたるような大量のデータのダウンロード、プリントアウトを一度に行なうことは禁止されています。守られない場合には、明治大学全体の利用が停止される場合があります。

、「電子図書館サービスから外部DBサービスが利用できません」の対応方法をご覧下さい。
※VPN接続する際に、ID、パスワードの入力を求められる場合は、「VPN接続しているのに、検索画面でID、パスワードの入力を求められますが、どうしたらいいですか。」の対応方法をご覧下さい。
  • MINDが実施するMIND利用講習会を受講すること(学生のみ)。 講習会を受講したかどうか不明の方はこちらでチェックできます。
  • 「共通認証システム」のパスワードを把握していること。
  • 身分 ID パスワード パスワードが不明の場合
    学生 学生番号
    (10桁の半角数字)
    証明書自動発行機で使用しているもの
    (英字は半角大文字で入力すること!)
    所属の学部事務室で確認
    教員 教職員番号 イントラネットシステムで使用しているもの 所属の学部事務室で確認
    職員 教職員番号 イントラネットシステムで使用しているもの 事務システム課で確認

    接続方法

    1. WWWブラウザを起動し、明治大学図書館のホームページを表示させて 「外部データベース一覧」を選択。
    2. 利用したいデータベース名を選択し、各データベース接続画面で ログインボタンをクリック。
    3. 共通認証画面が表示されるので、学生番号/教職員番号と パスワードを入力。

    外部データベース利用ガイドライン

    検索結果を著作権者の同意なしに、配信または多量コピーし有料無料に 関わらず他人に配布すること、また報告書や書籍などへ使用することは一切禁止 されています。

    兼任講師の外部データベース利用について

    兼任講師の方が「外部データベース利用サービス」を利用するには、図書館への利用申請が必要です。「外部データベース利用サービス」申請書 に必要事項を記入の上、以下の受付場所に提出して下さい。

    地区 利用申請書受付場所
    中央図書館 1Fマルチメディアカウンター
    和泉図書館 1Fレファレンスカウンター
    生田図書館 2Fレファレンスカウンター
    中野図書館 低層棟2Fレファレンスカウンター

    なお、利用申請をする前に、以下の注意事項を必ずご一読下さい。

    申請時の注意事項

    1. 利用条件
      利用申請は、授業で外部データベースを利用する必要性が認められる場合に許可します。 なお、授業以外(研究目的等)での利用は、本務校及び所属機関等でご利用下さい。
    2. サービス対象
      サービス対象は、定額料金制のデータベースに限ります。 定額料金制のデータベースは、上の外部データベース一覧表で△がついているものです。
      • ライブラリーカードの取得
        利用申請をするにはライブラリーカードの取得が必要です。未取得の方は、[1]大学発行の教職員証をご用意の上、以下の受付場所にお申込み下さい。

        地区 ライブラリーカード受付場所
        中央図書館 B2貸出カウンター
        和泉図書館 1F貸出カウンター
        生田図書館 2F貸出カウンター
        中野図書館 低層棟2F貸出カウンター

      申請後は、ライブラリーカードを年度初めに更新すればデータベース利用申請も自動的に更新されます。

      ページの上部へ