言葉や文字を調べる

凡例: 書名 版 出版社 出版年 冊数 請求記号(中央図書館)
(1)主要項目・配列 (2)収録範囲 (3)索引など (4)その他

国語辞書

『日本国語大辞典』 第2版
小学館 2000-2002 13冊 R813/69/B/H 精選版 2006 3冊 R813/68/C/W

収録項目50万語。古今の文献からの用例100万例を明示し、古代から現代に至る日本語の総体を凝縮した日本最大の国語辞典。普通語、古語、外来語、方言、俗語、隠語、慣用句、ことわざのほかに、地名、人名、動植物名なども収録している。

『広辞苑』 新村出編 第5版
岩波書店 1998 R813/2//H

「国語」+「百科」辞典として定評ある『広辞苑』の全面大改訂版.全項目を点検し、1万項目を新たに収録した。総収録項目数は23万を超える。現代語と百科項目の充実をはかり、基本語の用例を大幅に増補、地図図版を新たに加えアルファベット略語一覧を設けるなど、使いやすさをいっそう増している。語釈がいくつかあるときには語源に近いものからあげ、漢語やことわざには漢籍の出典をあげている。CD-ROM版もあり。ちなみに冊子体の初版は1955(昭和30)年5月25日刊である。初版刊行年が古く何度も改訂が施されていることは、信頼する辞書を選ぶための一つの目安となる。

『新編大言海』 大槻文彦編
富山房 1982 R813/19/C/H

古語を主体とする国語辞書。普通語のほかに漢語、方言、外来語など約9万8000語を収録する。発音、品詞表示、漢字表記、語源、語釈、用例、典拠などが続く。元となった『言海』の初版は1889年(明治22)で1908年(明治41)には第180 版が刊行されている。現在に続く『大言海』は1928年(昭和3)の大槻文彦の死後、新村出によって増補改定がなされて 1932年(昭和7)『大言海』として富山房から刊行された。

漢語辞書

『大漢和辞典』 修訂版 諸橋轍次著 鎌田正、米山寅太郎編
大修館書店 1990-2000 13冊 R813/7/B/H

正字のほか、略字、俗字、国字などが網羅され、熟語、故事名言、格言などのほか、人名、地名(歴史地名を探す時に便利)、動植物名、書名、事件など広範囲に収録されている。解説には用例、漢籍の出典も記され、挿絵も多い。漢字を見出しとする百科事典ともいえる。

『字統』 白川静著
平凡社 1984 R821/15//H

教育漢字、常用漢字、人名用漢字をはじめ、日ごろ使いなれた漢字から見なれない珍しい漢字まで、およそ6,800余字について、その成り立ちをさぐった漢字の字源辞典。著者は中国古代人の精神世界・社会生活にさまざまな角度から光をあて、半世紀に及ぶ研究成果のすべてを傾けて、漢字の生成と展開の次第を系統だてて解明したもの。中国学術界からも高い評価を受けている。50音順配列とし、振り仮名・熟語例も多く、索引を完備する。

『字通』 白川静著
平凡社 1996 R821/30//H

白川漢字学60年の集大成である漢和辞典。見出し漢字総数約1万字、五十音配列。熟語約22万語。用例は古典の精粋を網羅。

難読語辞書

読み方が分からない言葉を調べようとする時、通常の国語辞典では見出し語のヨミで配列されているので探せない。また、漢字であれば漢和辞典が使えそうであるが、専門用語や固有名詞などで特別なヨミをするものは、やはり中規模の漢和辞典ではなかなか探せない。このような言葉を難読語というが、難読語を探すための辞書を難読語辞典という。

『難訓辞典』 中山泰昌編
東京堂 1956 R813/39//H
『宛字外来語辞典』
柏書房 1979 R813/86/B/H

古語辞書

『岩波古語辞典』 補訂版 大野晋ほか編
岩波書店 1990 R813/72/B/H
『角川古語大辞典』 中村幸彦ほか編
角川書店 1982-99 5冊 R813/102//H

新語辞書

古語に対して現代使われている言葉を現代語でどのように言うか、そのような中でも比較的最近使われ始めた新語や、現代的な意味で用いられている言葉を選んだ辞書。

『現代用語の基礎知識』 自由国民社編 1948年〜
自由国民社 年刊 R813/24//H

内外の政治、経済、産業、社会、文化、科学などを理解する上に役立つ新語、時事用語、外来語、略語などを150項目に類別し解説する。巻頭に五十音順の用語索引あり。

『イミダス』 1987-
集英社 年刊 R813/188//H
『知恵蔵:朝日現代用語』 1990-
朝日新聞社 年刊 R813/189//H
『朝日キーワード』
朝日新聞社 、1983- 年刊 R813/111//H

外来語辞書

外来語とは他の言語体系の言葉が借用され、それが一般的に通行するようになった言葉をいう。

『角川外来語辞典』 第2版 荒川惣兵衛著
角川書店 1977 R813/56/B/H

方言辞書

『日本方言大辞典』
小学館 1989 3冊 R818/51//H

北海道から沖縄に至る全国の方言を集大成した大辞典。総項目数20万。日本の方言語彙の集大成。上・下巻は近世から現代までの1,000点を超える各地の方言資料の中から語彙を採録。方言研究者必携の基本資料。

※その他、各県、各地域の方言辞典あり。

ページの上部へ