貴重書・準貴重書の利用

貴重書、準貴重書、江戸文藝文庫、蘆田文庫、日本近代文学文庫及び貴重書庫所蔵の利用限定資料を利用する場合には、事前に「貴重書閲覧申請書」の提出が必要です。申請後、閲覧できるまでに3日から1週間程度かかります。

貴重書・準貴重書について

分類(請求記号) 取り扱い基準
091.1 日本刊本 慶長・元和までの刊本、江戸初期までの活字印本、寛永以降の刊本で伝存の稀なもの。
091.2 支那刊本(朝鮮刊本を含む) 明の成化までの刊本、明代銅活字印本、弘治以降の刊本で伝存の稀なもの。
091.3 西洋刊本 18世紀末までの刊本。
091.4 写本 慶長までの写本。
091.5 名家手沢本 自筆本、抄写本、書入本。
091.6 その他 地図、書画、図版等で秀れたもの。
092.1 日本刊本  
092.2 支那刊本(朝鮮刊本を含む)  
092.3 西洋刊本 19世紀前半刊行のもの等。
092.4 写本  
092.5 名家手沢本  
092.6 その他  
092.7 禁止本 一般の公開を禁じられているか、公開不穏当と考えられるもの。

※092.1から092.6は、貴重書に準ずる年代のもの(その下限は別に定める)、装丁、版式、紙質等に秀でた特色を備えたもの、その他貴重書に準ずる取り扱いが適当と思われるもの。

利用方法

「貴重書閲覧申請書」に記入の上、貸出カウンターに提出してください。 複写はマイクロ化されている資料のみ、マイクロから複写することが可能です。

「貴重書閲覧申請書」記入にあたっての注意

学生・大学院生の方は指導教授名を記入してください。資料の撮影を希望される方は、写真の利用目的を必ず記入してください。 目的によっては別途申請が必要になります。 「記入例」を参照のうえご記入ください。

学外者の方の利用(卒業生の方・各コンソーシアムの方・地域住民の方含む)

所属する大学の図書館、公共図書館を通じて「貴重書閲覧申請書」を提出してください。詳細は「学外の方の貴重書・準貴重書のご利用について」をお読みください。各図書館の担当者の方は、中央図書館レファレンス係(「日本近代文学文庫」は和泉図書館レファレンス係まで)までお問い合わせください。

ページの上部へ