案内

生田図書館は、生田キャンパスの中央に位置し、理工・農学部の1-4年生・大学院・教職員を利用対象としています。そのため、自然科学を中心とした蔵書構成となっています。生田図書館は、1969年に建設され、その後1988年の増改築を経て現在の建物となりました。また、1995年7月には生田保存書庫が建設されました。

1階

第3・第4開架閲覧室・閲覧室・研究者個室などがあります。座席数は280席あり、自由に使用できます。机には全て衝立が設置されており、個人での自習の場として最適です。また閲覧室には、辞書・事典などが置かれていますので自由にご利用ください。第3開架閲覧室には、工学系図書を配架しています。

第4開架閲覧室には、和雑誌・洋雑誌のバックナンバーの一部があります。 研究者用個室は3室あり、貸出カウンターで利用の受付けを行っています。

2階

正面入口を上ると2階です。貸出カウンター・レファレンスカウンター・第1・第2開架閲覧室・マルチメディアカウンター・マルチメディアエリア・新着雑誌コーナー・参考図書エリアがあります。
貸出カウンターでは、図書の貸出・返却手続きや、保存書庫資料の出納受付、ライブラリーカードの発行などを行っています。中央・和泉・中野図書館の図書の利用についても、貸出カウンターで取り扱っています。

研究用図書の利用については、研究室からの取り寄せになりますので、事前申込みが必要です。

レファレンスカウンターでは、情報の探し方についての相談や文献複写・取寄せの受付、他大学・他機関宛の紹介状や「神奈川県内大学図書館共通閲覧証」の発行などを行っています。レファレンスカウンター横には貸出用ノートPCロッカー(ノートPC70台)とCD-ROM専用端末が2台設置されています。
2階向かって右側の第1開架閲覧室には、理学系、生・化学系、社会科学系分野の図書が配架されており、座席数は106席あります。

第2開架閲覧室には、新刊図書コーナーやシラバス本コーナー、文庫・新書コーナー、就職・資格関係の図書コーナーがあります。また情報検索用PCもあります。

新聞閲覧コーナーでは、朝日・読売新聞をはじめ、英字新聞、スポーツ新聞などが閲覧できます。新聞は、1-2か月単位で、B2書庫に移します。

2階をまっすぐ奥に進むと、農学系・人文科学系分野を中心とした図書が配架されています。また、辞書・事典・年鑑・地図などが配架されている参考図書コーナーがあります。正面つきあたりのエレベータ横にはマルチメディアカウンターがあります。CD-ROM資料やマルチメディアエリアでの情報検索用PCの利用について分からないときにはおたずね下さい。

新着雑誌コーナーには、新着の和雑誌・洋雑誌が配架されています。また多数の電子ジャーナルが利用できます。マルチメディアエリアとあわせて座席数は157席あります。

3階

グループ閲覧室は3階に3室、1階に3室あります。利用の受付けは、貸出カウンターで取り扱っています。