無線LAN接続サービス

無線LAN接続サービス

無線LAN接続サービス」とは、ノートパソコンなどを、無線で学内ネットワーク(MIND)に接続可能とするサービスのことです。この接続サービスを活用することによって、WWWサーバへアクセスしてホームページを閲覧したり、電子メールを送受信したり、図書館OPACや図書館各種データベースなどを利用することが可能になります。
「無線LAN接続サービス」を利用できる場所は、1階から3階の閲覧席と4階の研究者個室です。

無線LAN接続サービスを利用するには

  1. MIND利用講習会の受講
    MIND利用講習会の日程をご覧下さい。
  2. 持込ノートPCの設定
    無線LAN接続の設定は「無線LAN接続サービスの設定方法」をご覧下さい。

    ※1は必須です(学生のみ)。3は持込ノートPCを利用の方のみ必要になります。

印刷をするには

  1. 利用パソコンをネットワーク(MIND)に接続した状態で、パソコンのアプリケーション上(Word/Excel等)から印刷操作を行います。その際、出力先(プリンター名)として、本システム用プリンター名を選択します。
  2. 印刷データはネットワークを通じて送信されますが、直接プリンターからは出力されず、一旦、本システム用サーバに保存されます。
    • 印刷データをサーバへ送信するためには、MINDネットワーク回線に接続していることが必須です。このため、自宅等の学外から利用する場合には、VPNによるMIND への接続が条件となります。
    • サーバに保存された印刷データは、24時間経過後に自動的に削除されます。
  3. その後、実際に印刷を行う際には、学内各所に配備された本システムプリンター設備から、出力操作を行います。この操作によって、"2."で保存された印刷データがサーバから取り出されて印刷されます。
    • 印刷時には、印刷数量に応じた料金の精算が必要となります。清算においては、学内設置コピー機用プリペイドカードが使用できます。印刷単価は、学内設置コピー機印刷料金と同額です。

ページの上部へ